社会で必要な力鍛える

 

 「新学習指導要領の導入」「大学入試改革」「英語改革」を大きな柱として、今年からスタートする「教育改革」。改革の“目玉”の一つだった、大学入学共通テストの英語試験で4技能(「読む」「聞く」「話す」「書く」)の測定に「民間外部試験」を活用する制度については昨年11月、2020年度の導入見送りが決定、受験対策に苦心してきた高校生や保護者、教育関係者らに衝撃を与えたことは記憶に新しい。しかし、この土壇場での方針転換を冷静かつ辛抱強く受け止める。

 「今回の大学入試改革は単なる制度改革ではなく、子どもたちが社会に出て必要な力を大学入試で判断することが目的です。これからの時代に英語の4技能は必要であり、もし大学入試の英語がペーパー試験だけになったとしても、私たちは4技能を高める教育に取り組まなければいけないと思っています」

 20年度からの新学習指導要領で、英語に親しむ小学5、6年の「外国語活動」が3、4年に前倒しされ、5、6年は教科に格上げとなるのに備え、18年から全校で「小学英語」を導入。ネイティブ音源を聴きながら同時に復唱する「シャドウイング」などの手法で「生きた英語」を学んでいる。中学生の英語の授業ではリスニングを重視しているが、今年はスピーキングにも力を入れ「英語の発音の正しさをジャッジできる音声認識アプリを活用し、中学1年段階から正しい発音を身に付けてもらいます」と話す。

 今年は、宇都宮市東部の子どもたちも通いやすい「ゆいの杜校」の開校を予定。「お子さんたちが通いやすく、頑張りやすい環境を提供していかなければなりません」と力を込める。「どんな時代でも、皆さんが希望する学校に進めるよう導いていくことが一番の使命であることに変わりはありません。同時に、あらゆる授業を通して子どもたちが社会に出て必要とされる力を身に付けられるよう全力を尽くします」