那須アウトレット、玄関に

 

 「地元の方々に温かく迎えていただき、今まで知り得なかった那須の良さを体感することができました。那須ガーデンアウトレットを『那須の玄関口』と位置付け、魅力を伝えていきたい」と抱負を語った。

 昨年10月から那須塩原市塩野崎の商業施設「那須ガーデンアウトレット」の運営管理に乗り出した。

 大手総合商社「双日」の完全子会社で、商業施設の企画、設計、運営、維持管理といったプロパティマネジメント(PM)、コンサルティングなどが主な事業。2003年に佐賀県、04年には千葉県柏市で「モラージュ」ブランドの郊外型大規模商業施設の開発、運営で実績がある。

 「PM」とは商業施設のテナントの構成や雰囲気づくりをどうするかを考えること。「那須は自然があり、大地の恵みである食も豊かです。さらに温泉やゴルフ、自転車などのアクティビティも魅力です。今まで点として存在したこうしたコンテンツを線でつなげ、面として打ち出すのが私たちの使命だと考えています。那須地域を『群(ぐん)』として盛り上げていきたい」。昨秋から那須地区ホテル&レジャー施設連絡協議会にも参加し、那須地区のさまざまな団体との連携を強めている。

 インターネットによりショッピングの在り様が大きく変わる現代。大型商業施設を取り巻く環境は「優勝劣敗が進んでいるので私たち運営の力が試されています。アウトレットだけではインパクトに欠け、その意味で『那須』という地域のポテンシャルを活かし、連携することが大きな武器になると考えます」という。

 昨年11月、スイスのスポーツブランド「On」の専門店、「On Classics Store」を1月31日までの期間限定でオープンした。同ブランドのアウトレット出店は国内初で「スニーカーは雲の上を走るような履き心地が特徴です」とPRする。「ビジョンを示しスピード感を持って実現していきますので注目していただきたい」と意気込む。