運行を始めた第3ペアリフト=28日午後、日光市湯元温泉

天然雪での滑走を楽しむスキーヤーたち=28日午後、日光市湯元温泉

運行を始めた第3ペアリフト=28日午後、日光市湯元温泉 天然雪での滑走を楽しむスキーヤーたち=28日午後、日光市湯元温泉

 雪不足のためスキーやスノーボードでの滑走ができていなかった日光市の日光湯元温泉スキー場は28日、リフトの一部営業を始めた。観光客らは天然雪での初滑りを楽しんでいた。

 同スキー場は24日からロッジの営業を始めていたが、ゲレンデに積雪が少なく、この日までリフトの運行を見合わせていた。

 前日から降り続いた雪が25センチ程度積もったため、3本あるリフトのうち、メインの第3ペアリフトの運行を始めた。

 運行を心待ちにしていた観光客らは、ゲレンデに思い思いのシュプールを描いていた。家族とスノーボードを楽しんでいた東京都江戸川区、中学2年榎本想(えのもとこころ)さん(13)は「今シーズン初めての滑走。ふかふかの雪で楽しかったです」と話した。

 29日は初心者向けのコースが楽しめる第5ペアリフトも運行する予定。