宇都宮市駒生町で26日、狩猟での使用が禁止されている金属製のわな「とらばさみ」に右前足を挟まれた猫が見つかったことを受け、宇都宮市教委や宇都宮中央署は27日、発見現場の近隣の児童や住民に注意を促した。

 同市教委は小学校6校と中学校3校に「とらばさみのようなものを見つけたら触らず、近づかず大人に知らせる」と児童生徒へ指導するよう連絡した。

 また同市のホームページでは、とらばさみの使用禁止に関するページを新着情報として更新した。禁止猟具であることを改めて周知している。

 一方、宇都宮中央署はメール配信サービス「ルリちゃん安全メール」で、とらばさみが子どもや飼い犬などにも危険であることを指摘し、不審物を発見した際の通報を呼び掛けた。