「夜の足利学校」28日から特別公開

 足利市昌平町の史跡足利学校で17日、「夜の足利学校」が報道機関に公開された。方丈や孔子坐像(ざぞう)などをライトアップして庭園を和傘で飾り、足利銘仙柄のあんどんを約50個設置。施設内は幻想的な雰囲気に包まれた。

 「夜の足利学校」は「栃木デスティネーションキャンペーン」の一環で、28日から特別公開される。通常は夜間に入徳門や学校門などをライトアップしているが、一般公開はしていない。

 遺蹟(いせき)図書館では玄関前にスクリーンを張り、孔子の生涯を31枚のガラス板に描きスライド形式で上映した。同市観光振興課の吉新知照(よしあらともてる)さんは「銘仙柄のあんどんで彩られた特別な足利学校を、ぜひ多くの人に見に来てほしい」と呼び掛けた。

 特別公開は28日~5月2日の午後6時~9時。