「佐藤さんの日」をPRする岡部市長

 栃木県佐野市の岡部正英(おかべまさひで)市長は27日の定例記者会見で、3月10日を「佐藤さんの日」と銘打ち、関係人口を増大させるためのイベントをスタートさせる考えを明らかにした。佐野市は、佐藤姓のルーツは平安時代の武将藤原(ふじわらの)秀郷(ひでさと)を始祖とする「佐野の藤原」説が有力として、ゆかりの地プロジェクトを展開。「全国の佐藤さんとつながりを持ち、秀郷ゆかりの唐沢山整備や天明鋳物の販路拡大につながれば」と期待している。

 市によると、佐藤姓は全国最多で約200万人、市内には約700人がいるという。一説では、唐沢山城を構えた秀郷の子孫が全国に散らばり、「佐野の藤原」から佐藤姓を名乗ったとされ、年度内をめどに市で裏付け調査を進めている。

 「佐藤さんのふるさと」とPRする市は、来年3月10日にプロジェクトのキックオフイベントを開催する。全国の佐藤姓の誘客のほか、ふるさと納税などを通して関係人口の増加を目指す。

 具体的な計画は今後策定するが、これまでに民間からは全国の佐藤姓の受け皿として「佐藤の会」を発足させる案などが出ているという。各種取り組みを通し、秀郷の居城だった唐沢山城跡やゆかりの伝統工芸品・天明鋳物など、“ルーツ”にまつわる各種情報を発信する。

 同様のゆかりの地プロジェクトとしては、和歌山県海南市の「鈴木姓発祥地」PR事業があり、同市は自動車メーカー「スズキ」から寄付を受けるなどの実績をあげているという。

 岡部市長は「『佐野の藤原』を全国にPRするためさまざまな事業を進めていきたい」と語った。