野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は25日、今季先発の柱としてともに2桁勝利を挙げた斎藤誠哉(さいとうせいや)(23)と若松駿太(わかまつしゅんた)(24)の2投手と来季契約で合意したと発表した。

 前ソフトバンクの斎藤は18試合に登板し、10勝6敗、防御率3・14で各チャンピオンシップの開幕投手を務めた。前中日の若松は21試合に登板し、13勝5敗(3完投)で勝利数リーグ2位タイ、防御率2・53はリーグ8位の好成績だった。