県は1月12日、本県の魅力を発信する「とちぎ未来大使」と県民の交流イベント「“とちぎ未来大使”セッションズ」を宇都宮市南図書館で開く。未来大使と福田富一(ふくだとみかず)知事の意見交換会から出たアイデアで、本県の魅力を再発見してもらおうと初めて企画した。

 ゲストは佐野市出身のシンガー・ソングライター河口恭吾(かわぐちきょうご)さんと、民放カラオケ番組で活躍する足利市出身の歌手堀優衣(ほりゆい)さん。さくら市出身で交流企画のプロデュースなどを手掛ける大木浩士(おおきひろし)さんがコーディネーターを務める。