第2クオーター6分、文星付の清水一がシュートを放つ=エスフォルタアリーナ八王子

第1クオーター2分、文星付の清水一(手前)がシュートを決める=エスフォルタアリーナ八王子

第1クオーター9分、文星付の坂本がシュートを決める=エスフォルタアリーナ八王子

第3クオーター3分、文星付の添野がゴール下へ攻め込む=エスフォルタアリーナ八王子

タオルマフラーを掲げて応援するチーム関係者

第2クオーター6分、文星付の清水一がシュートを放つ=エスフォルタアリーナ八王子 第1クオーター2分、文星付の清水一(手前)がシュートを決める=エスフォルタアリーナ八王子 第1クオーター9分、文星付の坂本がシュートを決める=エスフォルタアリーナ八王子 第3クオーター3分、文星付の添野がゴール下へ攻め込む=エスフォルタアリーナ八王子 タオルマフラーを掲げて応援するチーム関係者

 第72回全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)第2日は24日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子ほかで男子の1回戦と女子の2回戦計36試合を行い、県勢男子の文星付(2年連続8度目)は熊本県代表の九州学院(4年連続12度目)に74-82で敗れ、2年連続での初戦突破はならなかった。

 文星付は第1クオーター(Q)序盤に連続3点シュートを許すなどし、追う展開。第2Qもなかなか連続得点を奪えず、35-49で前半を折り返した。第3Qにフォワード伊藤恒星(いとうこうせい)がゴールへ積極的にアタックすると、第4Qはフォワード添野快時(そえのかいと)が3点シュートを3本成功。さらにガード清水一樹(しみずかずき)の9得点の活躍などで追い上げたが、及ばなかった。

 男子は桜丘(愛知)や能代工(秋田)などが100点ゲームの大勝で2回戦に進出。女子は全国高校総体覇者の桜花学園(愛知)、同準優勝の岐阜女(岐阜)がともに順当に勝ち上がった。