ガレージハウス型宿泊施設「Rakuten STAY MOTEL日光鬼怒川」の室内=日光市

日光市にオープンしたガレージハウス型宿泊施設「Rakuten STAY MOTEL日光鬼怒川」

ガレージハウス型宿泊施設「Rakuten STAY MOTEL日光鬼怒川」の室内=日光市 日光市にオープンしたガレージハウス型宿泊施設「Rakuten STAY MOTEL日光鬼怒川」

 民泊事業を手掛ける楽天LIFULL STAY(東京都千代田区)が開発、運用をサポートする「Rakuten STAY」ブランドで、初となるガレージハウス型宿泊施設が栃木県日光市鬼怒川温泉大原にオープンした。ドライブやツーリングを楽しむ旅行者をメインターゲットにする。

 新施設「Rakuten STAY MOTEL日光鬼怒川」は鬼怒川温泉の中心地に開業した。建物の中にガレージが組み込まれたコンセプトルーム(定員7人)が1室、宿泊施設に隣接した駐車場を利用できるスタンダードルーム(定員5人)が10室ある。

 全客室に、調理器具と食器を備えたカウンターキッチンや半露天風呂付きのテラスがそろっている。

 宿泊料金はコンセプトルームが1室1泊1万7500円、スタンダードルームは1万3500円で、部屋のタイプや時期などにより変動する。