壮行会でワールドカップへの意気込みを語る市在住の代表選手

壮行会でワールドカップへの意気込みを語った市在住の代表選手3人

壮行会でワールドカップへの意気込みを語る市在住の代表選手 壮行会でワールドカップへの意気込みを語った市在住の代表選手3人

 【佐野】19歳以下(U19)クリケットワールドカップが来年1月に南アフリカで開幕するのを前に、日本クリケット協会は23日、朝日町のホテルサンルート佐野で壮行会を開いた。

 市在住で日本代表に選ばれている学悠館高2年野口柊(のぐちしゅう)さん(16)、佐野松桜高1年須藤零士(すとうれいじ)さん(16)、高橋和雅(たかはしかずまさ)さん(16)の3人のほか、岡部正英(おかべまさひで)市長や岡本誠司(おかもとせいじ)副知事、クリケット関係者ら計約80人が出席した。

 岡部市長は「佐野の選手が代表に選ばれたことは、市にとって誇らしいこと。練習の成果を存分に発揮し、最後まで精いっぱいプレーしてほしい」とエールを送った。