全日本スキー連盟は23日、来年1月にスイスで開催される「第3回冬季ユース五輪・ローザンヌ大会」のアルペンスキーU18日本代表を発表し、那須塩原市出身で足大付高2年の君島王羅(きみしまおーら)が男子代表に初選出された。

 同連盟が国内外の大会成績から男女1人ずつ代表を選出した。君島は3月に北海道のえんがるロックバレースキー場で開かれた国際大会「ファーイーストカップ」(国際スキー連盟公認)の回転で2回合計1分50秒28の12位に入った成績などが評価された。

 冬季ユース五輪は4年に1度開催され、今回は1月9~22日の14日間の日程で8競技81種目で争う。