スポーツ庁が23日公表した2019年度全国体力テストの結果で、本県の小5男子がソフトボール投げで全国最下位だった。前年度の40位から後退した。小5男子は全種目で前年度を下回った。

 体力テストの合計点は8種目80点満点で示される。

 本県の児童生徒の体力合計点の平均値は、小5男子52・44点(前年度比1・04ポイント減)、小5女子55・49点(同0・55ポイント減)、中2男子41・32点(同0・31ポイント減)、中2女子50・57点(同0・1ポイント増)。中2女子が過去最高点を更新し全国平均を上回ったが、小中男子と小5女子は前年度より低下した。