22日に京都市内で行われる男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会の開会式が21日、同市内で行われ、本県代表の男子・那須拓陽(2年連続10度目)、女子・白鴎足利(6年連続6度目)が参加した。

 大会は同市のたけびしスタジアム京都を発着点とする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで行われる。記念大会となる男子は、各都道府県を勝ち抜いた47校に地区代表11校を加えた58校が出場。女子は47校が令和初の栄冠を目指して都大路を駆ける。 21日は各校がオーダーを提出。男子・那須拓陽は1区の岡本歩夢(おかもとあゆむ)ををはじめ7区間全て予定通りのオーダー。女子の白鴎足利は3区に控えの大出茉穂(おおでまほ)を抜てきした。

 女子は午前10時20分、男子は午後0時半にスタート。本県代表のオーダーは次の通り。

 【那須拓陽】▽1区(10キロ)岡本歩夢▽2区(3キロ)工藤巧夢▽3区(8・1075キロ)深井琉聖▽4区(8・0875キロ)海老沢憲伸▽5区(3キロ)松本海音▽6区(5キロ)稲葉夢斗▽7区(5キロ)鈴木紀寛(3年) 【白鴎足利】▽1区(6キロ)藤原唯奈▽2区(4・0975キロ)太田瞳▽3区(3キロ)大出茉穂▽4区(3キロ)山口あずさ▽5区(5キロ)古橋佳奈