サッカーJ2栃木SCは20日、DF坂田良太(さかたりょうた)(27)の現役引退を発表した。

 熊本県出身で2014年に鹿屋体大から入団。主にセンターバックとして活躍したが、17年の右膝前十字靱帯(じんたい)断裂など相次ぐけがで過去3年間のリーグ戦出場は2試合のみ。J3も含めた7年間では通算22試合出場で1得点だった。

 クラブを通じ「皆さんの支えでもう一度サッカーができた。努力を続けることで夢はかない、素晴らしい経験と仲間ができることを知りました」とコメントした。