2020年度政府予算案で、国土交通省は鹿沼市の思川開発事業(南摩ダム)に99億3300万円の国費を計上した。利用者負担分などを含めた全体の事業費は131億1900万円で、いずれも19年度予算から2・5倍増。同省によると、20年度に本体工事を始めるため、大幅増になった。

 思川支流の南摩川に南摩ダムを建設し、同ダムと黒川、大芦川とを地下トンネルの導水路で結ぶ事業。