ワクチンを空から散布するヘリコプター=20日午後2時35分、日光市足尾町

 豚コレラ(CSF)の感染拡大防止のため、農林水産省は20日、日光市足尾町の国有林(約5千ヘクタール)で野生イノシシ向けの経口ワクチン約2500個を自衛隊のヘリコプターを使って散布した。群馬県での実験を除き、本格的な空中散布は全国で初めて。

 本県で豚コレラの感染は確認されていないものの、発生地域を囲い込む防疫帯「ワクチンベルト」を構築する計画の一環として実施された。