ワクチンの接種推奨の12県と隣接8都府県

 農林水産省は20日、豚コレラ(CSF)対策の有識者会議を開き、豚へのワクチン接種を発生県に隣接する本県をはじめ、茨城、千葉、東京、神奈川、新潟、京都、奈良の8都府県にも拡大する方針を決めた。接種時期は早い都府県で今月から。本県は来年2月以降で、飼養されている約41万頭が想定される。県は今年10月上旬、豚に予防のワクチンを打つ接種推奨地域に本県を追加するよう農水省に要望していた。

 今回の方針決定は未発生の地域でも、感染が波及する前に接種を進めておくことで、まん延を防ぐのが狙い。ワクチンの接種推奨地域は選定済みの12県を含め計20都府県に拡大する。追加された地域の接種開始時期は早ければ年内で、東京、神奈川、新潟、京都、奈良。本県のほか、茨城、千葉は来年2月以降の見通し。