市役所に設けられたカウントダウンボード。来月から多彩な関連イベントが開かれる

市役所に設けられたカウントダウンボード。来月から多彩な関連イベントが開かれる

市役所に設けられたカウントダウンボード。来月から多彩な関連イベントが開かれる 市役所に設けられたカウントダウンボード。来月から多彩な関連イベントが開かれる

 【真岡】来年3月に市内で開催される「全国いちごサミットinもおか2020」を都内などでPRしようと、実行委員会は来年1月に東京駅「動輪(どうりん)の広場」でサミットの開幕を告げるキックオフセレモニーを開くほか、東京駅や上野駅のエキナカ商業施設「エキュート」内の参加店舗が真岡産のとちおとめを使ったオリジナルスイーツを販売する。県内でも東武鉄道のSL大樹(たいじゅ)の運行に合わせ鬼怒川温泉駅前広場に観光物産ブースを出店。各種イベントを通じサミットに向けた機運を盛り上げる。

 キックオフセレモニーは1月15日正午ごろから開始。実行委員長を務める石坂真一(いしざかしんいち)市長がイチゴ型のくす玉を割り、サミットへ多くの来場を呼び掛ける。当日は益子町出身のタレント井上咲楽(いのうえさくら)さんや「もおかいちごチアリーダー」3人も駆け付け花を添え、とちおとめの無料配布などを行う。