佐藤市長(右から2人目)に活躍を誓った鹿沼北光スポーツ少年団の2人

 【鹿沼】来年1月にメキシコで開催されるラテンアメリカ野球選手権に日本代表として出場する、鹿沼北光スポーツ少年団の小林寿(こばやしひさし)監督と豊田主税(とよだちから)君(11)=北小6年、天野煌太郎(あまのこうたろう)君(12)=同=がこのほど市役所を訪れ、佐藤信(さとうしん)市長に大会での活躍を誓った。

 大会は12歳以下の国際大会。同6~11日までメキシコ市で、5カ国11チームが参加して行われる。宮城県を中心としたチーム編成だが、交流のある同少年団に出場依頼があり、昨年から参加している。

 「野球はもちろん、いろいろなことを吸収してきてほしい」という佐藤市長の激励を受け、連続出場となる豊田君は「走塁、守備は日本が上。昨年は3位なのでぜひ優勝したい」。天野君も「優勝を目指して頑張る」と約束していた。