真岡市内の中学校の男性教諭(27)がコンビニで下半身を露出したり、盗撮を繰り返したりしたとして懲戒免職となった問題で、市教委は18日の議員協議会で一連の経緯を説明するとともに、19日に市内で臨時校長会を開き教職員の管理や指導の徹底を求める考えを伝えた。また市教委などの聞き取りに元教諭は「教え子の盗撮はしていない」と話していることなども明らかにした。

 議員協議会には田上富男(たがみとみお)教育長や加藤敦美(かとうあつみ)教育次長らが出席。問題となった行為の内容や発覚の経緯を説明した後、管理不行き届きがあったとして同校の校長(57)を17日付で文書訓告にしたと報告した。