鈴木署長(左)から感謝状を受け取る鈴木さん

 【矢板】道に迷った高齢者を保護したとして、矢板署は13日、那須烏山市高瀬、会社員鈴木真知子(すずきまちこ)さん(46)に感謝状を贈った。

 鈴木さんは11月8日午後5時ごろ、木幡の職場前の路上で、道に迷っているさくら市在住の女性(85)を発見。女性を保護して同署に通報し、交通事故などを未然に防いだ。

 鈴木清貴(すずききよたか)署長から感謝状を受け取った鈴木さんは「暗くなって危ないと思い連絡した。女性が無事で良かった」と話した