自らも演奏に参加する佐渡さん(前列中央)=17日午後、足利市民会館

 世界的な指揮者佐渡裕(さどゆたか)さんが率いるシエナ・ウインド・オーケストラの公演(下野新聞社など主催)が17日、足利市有楽町の同市民会館で開かれ、市民ら約1200人が迫力ある演奏に酔いしれた。

 同オーケストラは1990年に結成された日本有数のプロ吹奏楽団。佐渡さんが首席指揮者を務める。今年が大ヒットアルバム「ブラスの祭典」第1弾を発売して20年目に当たることから、アルバム収録曲を中心にツアーを行っている。

 公演はロサンゼルス五輪のテーマ曲「オリンピック・ファンファーレ&テーマ」(Jウイリアムズ作曲)でスタート。佐渡さんが全日本吹奏楽コンクールの課題曲の変遷を解説するコーナーでは、聴衆はそれぞれの年代を象徴する吹奏楽の魅力を堪能していた。