日光市の公立小学校で昨年11月、当時6年生担任の男性教諭(42)が、いじめを受けていると訴える男子児童の文章を教室内に掲げるなど不適切な対応をしていた問題で、市教委は17日の市議会議員全員協議会で、市内全41小中学校のいじめの現状や対応を総点検する方針を示した。

 市内の小中学校では毎学期いじめに関するアンケートなどを実施し、市教委に報告している。総点検では報告案件の現状やその後の対応のほか、各校のいじめ対策委員会の実施状況などを、本年度中に確認したい考え。