くわ入れを行う和泉市長

 【足利】新たな市消防本部庁舎の建設工事安全祈願祭が17日、大正町の建設予定地で行われた。新庁舎は今月着工し、2020年度末に完成する予定。

 同本部は中央消防署と併設されている。同所の現在の庁舎は1969年に建てられ、老朽化し新耐震基準を満たしていないことなどが懸案となっていた。新庁舎は現庁舎と隣接する旧市保健センター跡地、大正町自治会館跡地などを活用して整備を進める。 新庁舎は鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ床面積約2300平方メートル。市内の歴史的景観などに合わせた和風の外観にする計画で、2021年3月完成、同4月供用開始の予定。