J2栃木SCは16日、GK川田修平(かわたしゅうへい)(25)、MF和田達也(わだたつや)(25)、DF黒崎隼人(くろさきはやと)(23)と来季の契約を更新したと発表した。

 埼玉県出身の川田修はリーグ戦では今季9試合に出場。正GK劉鉉(ユヒョン)の負傷離脱により終盤戦から先発メンバーに名を連ね、高いセーブ力で残り3試合を無失点に抑えてJ2残留に貢献した。大阪府出身の和田は8試合に出場し、選手会長としてもチームをまとめた。新人で宇都宮市出身の黒崎は今春の左腓骨(ひこつ)骨折で出遅れ、試合出場はなかった。

 川田修はクラブを通じ「最終節の県民の歌は一生忘れることのない財産。来季はさらに結果にこだわり成長したい」、和田は「この1年の経験を無駄にしないためにも、来季も覚悟と責任を持ってピッチで闘う」、黒崎は「来季は必ずチームに貢献できるよう戦う」とコメントした。