演劇アラカルトに向け、インプロの練習に励む宇都宮高演劇部の生徒たち

 【宇都宮】本丸町の舞台芸術の拠点「アトリエほんまる」で27日、県内外の高校生が競演する「第1回ほんまる高校演劇アラカルト」(アトリエほんまる、同実行委員会主催)が初めて開かれる。高校演劇の魅力を多くの人に知ってもらうほか、高校生たちに舞台経験を積む機会としてもらう。

 アトリエは、市民有志が手掛けた街なかの小劇場で、昨年10月にオープン。県内外の劇団が公演やワークショップ、練習の場として活用している。