篠原さん(左)の応援を受けてスポーツ能力測定に臨む小学生=15日午後、宇都宮市

篠原さん(左)の応援を受けて運動能力測定に臨む小学生=15日午後、宇都宮市

篠原さん(左)の応援を受けてスポーツ能力測定に臨む小学生=15日午後、宇都宮市 篠原さん(左)の応援を受けて運動能力測定に臨む小学生=15日午後、宇都宮市

 最新機器で子どもたちの運動能力を測定する「スポーツ能力測定会」が15日、宇都宮市竹下町の作新学院大で開かれ、市内の小学生約400人が参加した。シドニー五輪柔道銀メダリストの篠原信一(しのはらしんいち)さんが特別ゲストで登場し、子どもたちにアドバイスした。

 県内のトヨタグループ9社が地域貢献活動の一環として実施し、今回で4回目。体の動きをデジタル化する機器で「10メートルスプリント」「ジャンプ力」など6項目を測った。篠原さんが「頑張れ」「集中して」とエールを送ると、子どもたちは懸命に体を動かした。