栃木SC U14-イデアFC真岡Red準決勝 イデアのGK礒(左)が相手クロスに対して果敢に飛び出しキャッチする=とちぎフットボールセンター

ウイングスSC U14-矢板SC A準決勝 後半21分、ウイングスのMF堀口(右)が決勝ゴールを挙げる=とちぎフットボールセンター

栃木SC U14-イデアFC真岡Red準決勝 イデアのGK礒(左)が相手クロスに対して果敢に飛び出しキャッチする=とちぎフットボールセンター ウイングスSC U14-矢板SC A準決勝 後半21分、ウイングスのMF堀口(右)が決勝ゴールを挙げる=とちぎフットボールセンター

 第50回下野杯争奪県下中学生サッカー大会(県サッカー協会、下野新聞社主催)第5日は15日、矢板市のとちぎフットボールセンターで準決勝2試合を行い、栃木SC U14が5大会連続、ウイングスSC U14が3大会ぶりに決勝進出を果たした。

 栃木SC U14は2-0でイデアFC真岡Redに快勝。前半立ち上がりにMF佐藤麻陽(さとうあさひ)、DF松本陽生(まつもとようせい)の連続ゴールで2点をリードし、GK菅原寧央(すがわらねお)を中心とした堅い守りで逃げ切った。ウイングスSC U14は2-0で矢板SC Aに勝利。後半21分にMF堀口優人(ほりぐちゆうと)のシュートで先制すると、FW星野慶人(ほしのけいと)がゴール前の競り合いから頭で追加点を奪い、試合を決めた。

 大会最終日は21日、同会場で午前10時から3位決定戦、正午から決勝を行う。栃木SC U14が勝てば3大会連続7度目、ウイングスSC U14は3大会ぶり3度目の優勝となる。