二段(前列)と初段(後列)を取得した、手打ちそば部の生徒たち

 【栃木】栃木農業高の手打ちそば部の生徒5人が、11月に日光市内で開催された「素人そば打ち段位認定大会」で二段と初段を獲得した。両部門とも今年の参加者の中では最年少で、高校生の段位取得は珍しいという。

 二段合格者はいずれも3年、部長の海老沼依里(えびぬまえり)さん(18)、副部長の大出桃加(おおでももか)さん(17)。初段合格者はいずれも1年、前原和奈(まえはらなな)さん(16)、三島歩(みしまあゆみ)さん(16)、渡辺琳華(わたなべえる)さん(16)。