巡視する添田課長(右)と山口署長=13日午後6時50分、市貝町市塙

巡視する大貫地域部長(左から2人)と蓼沼署長(左)ら=13日午後7時35分、小山市乙女3丁目

巡視する添田課長(右)と山口署長=13日午後6時50分、市貝町市塙 巡視する大貫地域部長(左から2人)と蓼沼署長(左)ら=13日午後7時35分、小山市乙女3丁目

 年末年始特別警戒の一環として、県警は13日夜から14日未明にかけ「県下一斉警戒」を行い、携帯電話使用や運転免許証不携帯などで計15件を摘発した。県内全19署の警察官計353人が幹線道路など19カ所で検問を実施。巡視した県警の大貫良之(おおぬきよしゆき)地域部長と添田敦男(そえたあつお)少年課長に本紙記者2人が同行取材した。

   ◇    ◇

 午後7時半、小山市乙女3丁目の国道4号に設けられた検問所では、約30人の小山署員が車両を待ち構えた。

 一人一人のドライバーに声を掛け、シートベルトの着用状況などを確かめる署員。「ご家族皆さん、事故に遭わないよう、お帰りください」。見送る際は、柔和な表情を浮かべた。

 「管内は交通事故が多い。一件でも減らしたい」。蓼沼浩(たてぬまひろし)署長は、厳しいまなざしで検問を見守った。

 「頑張っているね」と、笑顔で署員を激励した大貫部長。事件事故の抑止に懸ける思いを語り、表情を引き締めた。「県民に嫌な思いで、年末年始を過ごしてほしくない」

   ◇    ◇

 農地に囲まれた検問所に、雲間から月明かりがのぞく。午後6時45分、添田課長が訪れた市貝町市塙の県道では、茂木署員約10人が検問を進めていた。

 停止した車に署員が駆け寄り、免許証を確認。免許証の表記は改元前に更新されたため「平成34年まで有効」。署員は「有効期限を間違えないで」と声を掛け、ドライバーを見送った。添田課長は署員らの動きに目を配りながら「寒い中お疲れさま」とねぎらった。

 同署管内では今年、2件の死亡事故が発生。「令和の『令』のように、事件事故『0』を目指し予防と摘発に努める」。同署の山口誠一(やまぐちせいいち)署長は強調した。