ボランティアから日本語を学ぶ外国人たち

 【さくら】市が市内在住の外国人を対象に開いている日本語教室が好評だ。初心者向けで、日本語が学べるだけでなく、外国人同士の交流の場となっている。10月から来年3月までの10回コースで、途中からの参加も可能。

 教室は月2回程度、氏家駅前のeプラザ壱番館などで開かれている。現在は21人のベトナム人が、あいさつや食事、生活、家、家族など日常生活に必要な基礎的な会話を中心に学んでいる。1日の講座では、「どんな家に住んでいますか」「家には何がありますか」「友だちを家に招待します」などと、会話を繰り返し練習した。