北村副知事を表敬訪問した栃木SCの綾井取締役営業部長(写真右)と和田選手会長(同中央)=県庁

北村副知事(右)に今季成績などを報告する栃木SCの綾井取締役営業部長(中央)と和田選手会長=県庁

北村副知事を表敬訪問した栃木SCの綾井取締役営業部長(写真右)と和田選手会長(同中央)=県庁 北村副知事(右)に今季成績などを報告する栃木SCの綾井取締役営業部長(中央)と和田選手会長=県庁

 サッカーJ2栃木SCの綾井隆介(あやいりゅうすけ)取締役営業部長と和田達也(わだたつや)選手会長が13日、県庁を訪れ、北村一郎(きたむらいちろう)副知事に今季成績などを報告した。

 今季は通算8勝16分け18敗、勝ち点40で20位。和田選手会長は勝ち点15を積み上げた終盤10試合の戦いぶりをJ2残留の要因に挙げ、「残り試合が少なくなる中でやることをシンプルにし、チームが一つになった」と振り返った。

 北村副知事は来季に向け「戦力を蓄え、地力を付けてステップアップしてほしい。今季の経験をばねにしてくれれば」と期待。綾井部長は「来季は栃木県出身の選手も数人入団する。今いる選手も含め、田坂(たさか)(和昭(かずあき))監督の下、ワンチームで戦っていく」と誓った。