街頭記者会見を開いたれいわ新選組の山本代表=12日夜、JR宇都宮駅西口

街頭記者会見を開いたれいわ新選組の山本代表=12日夜、JR宇都宮駅西口

街頭記者会見を開いたれいわ新選組の山本代表=12日夜、JR宇都宮駅西口 街頭記者会見を開いたれいわ新選組の山本代表=12日夜、JR宇都宮駅西口

 れいわ新選組の山本太郎(やまもとたろう)代表が12日来県し、JR宇都宮駅西口で街頭記者会見を開いた。次期衆院選で北関東の小選挙区に最大14人程度を擁立する考えを示した。

 れいわは次期衆院選に全国で100人程度の擁立を掲げている。山本代表は「14人程度の中に栃木県も当然含まれてくるだろう」と述べた。

 会見では「野党共闘を行う場合は消費税を5%に減税することが条件」と明言。減税できない場合は、独自での議席獲得を目指すという。このほか聴衆から寄せられた日米安全保障や農薬規制などに関する質問に答えた。