那須塩原市下中野のブリヂストン黒磯工場跡地で進められている大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の建設計画に関連し、同市の渡辺美知太郎(わたなべみちたろう)市長は11日の定例記者会見で「(メガソーラーの建設を抑止するような)厳しい条例を作りたい」と述べ、来年3月の定例市議会に条例案を提出する考えを明らかにした。

 条例案は、同市内の各地でメガソーラーの開発が進んでいることから言及した。12月9日から1月8日まで、条例案に関するパブリックコメントを市のホームページなどで行い、案に反映させる方針。