バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは11日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で同地区の秋田と対戦し、81-63で圧勝した。連勝は今季最多の8に伸び、通算成績は15勝4敗で同地区首位をキープした。

 ブレックスは第1クオーター(Q)に鵤誠司らの3点シュートなどで19-8と先行。第2Qも喜多川修平らが得点を重ね38-18で折り返した。第3Qは比江島慎の4連続ゴールなどでリードを拡大。第4Qも山崎稜が連続3点シュートを決めるなど、最後まで秋田を寄せ付けなかった。

 次戦は14日午後6時5分から、京都市の島津アリーナ京都で西地区の京都と対戦する。