式典で行われたキャンドルサービス

式典で行われたキャンドルサービス

式典で行われたキャンドルサービス 式典で行われたキャンドルサービス

 【栃木】今泉町2丁目のマロニエ医療福祉専門学校看護学科の第16回戴帽(たいぼう)式が10日、市栃木文化会館大ホールで開かれ、2年生58人が看護の道への決意を新たにした。

 式では看護関係者や保護者らが多く見守る中、教員が生徒たちにナースキャップを授けていった。その後、看護の精神を受け継ぐ儀式「キャンドルサービス」が行われ、ナイチンゲール像から生徒たちのキャンドルに灯が分け与えられた。

 五十嵐(いがらし)トヨ子(こ)校長は「患者さまの思いに寄り添って励んでください」と激励。生徒代表として高徳里奈(たかとくりな)さんは看護師を志したきっかけを振り返り、「この気持ちを忘れず精進していきたい」とあいさつした。