昨年に続き3位に終わった宇都宮ブリッツェンの小坂=愛媛県内子町、小森信道さん撮影

昨年に続く3位に終わった宇都宮ブリッツェンの小坂(右)=愛媛県内子町、小森信道さん撮影

昨年に続き3位に終わった宇都宮ブリッツェンの小坂=愛媛県内子町、小森信道さん撮影 昨年に続く3位に終わった宇都宮ブリッツェンの小坂(右)=愛媛県内子町、小森信道さん撮影

 自転車オフロードレースのシクロクロス(CX)の日本一を決める第25回全日本選手権大会は7、8の両日、愛媛県内子町の小田川河川敷特設コース(2・5キロ×9周=22・5キロ)で行われ、男子エリートで宇都宮ブリッツェンCXチームの小坂光(こさかひかる)は56分46秒の3位だった。

 2年ぶりの優勝を目指す小坂は、中盤にできた4人の先頭集団で奮闘。しかし、最終周回直前の上り坂で2選手に先行を許し、先頭と13秒差でフィニッシュした。前回王者の前田公平(まえだこうへい)(弱虫ペダル)が連覇を飾った。

 小坂は14、15の両日、宇都宮市の道の駅うつのみやろまんちっく村で開催される宇都宮シクロクロスに出場する。