パセオ2階エスカレーター付近のディスプレー

2階本館正面口。クリスマスディスプレーをPRする宇都宮ステーション開発の斎藤さん

パセオ2階の本館正面口。オシャレなオオルリのデザインが目に入る

パセオ2階エスカレーター付近のディスプレー 2階本館正面口。クリスマスディスプレーをPRする宇都宮ステーション開発の斎藤さん パセオ2階の本館正面口。オシャレなオオルリのデザインが目に入る

 鮮やかなイルミネーションが街を彩り始めるこの季節。JR宇都宮駅のパセオでは25日まで、クリスマスディスプレー「HOLY FOREST」を展開している。落ち着いた雰囲気の館内装飾で少し早いクリスマスを感じてきた。

 本館の2階正面口を入ると、幻想的な雰囲気の白の建物のディスプレーが目に飛び込んできた。青色の電飾が施されたモミの木と建物には、オオルリをイメージした白と青の鳥が集まっている。

 宇都宮ステーション開発宇都宮店運営推進グループの斎藤麻琴(さいとうまこと)さん(33)が、トレンドのフェザー(鳥の羽)から県鳥のオオルリをテーマに企画。渡り鳥のオオルリが冬に暖かい地域へ飛び立つ途中、にぎわいにひかれとどまるというストーリーだという。