日本国籍を取得したブレックスのロシター=10月19日のホーム三河戦より

 バスケットボールB1宇都宮ブレックスに7季在籍する米国出身のライアン・ロシター(30)が6日、日本国籍を取得した。早ければ今季中に「帰化枠」でリーグ戦に出場できる見込みで、他の外国籍選手の出場機会が増える。ブレックスの3季ぶりの王座奪還へ追い風となり、東京五輪に向けて日本代表でのプレーも可能になる。

 Bリーグは外国籍選手の登録人数を1チーム3人以内、試合登録は2人以内と規定。これとは別に日本国籍を取得した「帰化枠」として1人の登録、出場をそれぞれ認めている。ロシターが日本国籍を取得したことで、ジェフ・ギブス、シャブリック・ランドルフとの3人同時出場「オンザコート3」も可能になる。