鳳鸞(ほうらん)酒造(大田原市住吉町1丁目、脇村光彦(わきむらみつひこ)社長、従業員6人)が業績不振から事業を停止したことが2日分かった。負債総額は約3億円とみられる。

 東京商工リサーチ宇都宮支店によると、鳳鸞酒造は1881年に創業した老舗の酒類製造販売業者。清酒「鳳鸞」、ワイン、リキュールなど40アイテムを持ち、主体とする酒類卸を通した小売店販売のほか、ホテル、観光物産店に直販していた。