初の準優勝を果たした本県チーム

 新潟県で開催された第34回国民文化祭「小倉百人一首競技かるた全国大会」で、本県チームが初の準優勝を果たした。

 同大会は2004年に始まり、今年は11月2、3の両日、長岡市の長岡市民体育館で開かれた。46都道府県に韓国と中国を加えた計48チームが出場し、選手5人による団体戦を競った。

 本県チームは初日の予選ブロックリーグを1位通過。2日目の決勝トーナメントは初戦で前回優勝の福井県との激戦を3-2で制して波に乗り、次戦の宮城県は4-1、準決勝の石川県は5-0で快勝した。

 初めて臨んだ決勝の相手は優勝経験のある強豪福岡県。気合を入れて臨んだが、序盤の劣勢を押し返せず2-3で惜敗した。