野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)が、小山市出身でロッテの左腕エースとして活躍した前オリックスの成瀬善久(なるせよしひさ)投手(34)と入団契約を交わしたことが2日、関係者への取材で分かった。

 成瀬は桑中3年時の全国大会で1試合16奪三振の大会新記録を樹立するなどし、チームを全国3位に導いた。強豪・横浜高に進み、2003年春の選抜甲子園で全国準優勝。同年のドラフト会議でロッテから6位指名を受けて入団した。