赤く輝きを増している収穫期を迎えたサクランボ

赤く輝きを増している収穫期を迎えたサクランボ

 【鹿沼】夏を思わせる陽気が続く中、上日向の農園「鹿沼ひざつきフルーツプラザ」で初夏の味覚サクランボの収穫が早くも始まった。わせ種を中心に真っ赤に色づいており、20日から店頭販売が始まる。 サクランボを手掛けて21年目の同農園では現在12品種、約400本が栽培されている。このうち「紅さやか」「香夏錦」などハウス内ボックス栽培の4品種が収穫期となり、メインの「佐藤錦」は間もなく、「ナポレオン」などは6月末まで収穫できるという。