アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは30日、韓国・安養で首位ハルラと対戦し、0-4で敗れた。2連敗で通算成績は10勝13敗、勝ち点は30のまま。

 バックスは第1ピリオド開始から守備で粘りを見せたものの、17分と19分にキルプレーから失点。第2ピリオドも反則を繰り返し、攻撃のリズムつかめなかった。0-2のまま迎えた第3ピリオドは、ゴール前でチャンスをつくるも相手GKの好セーブに阻まれ、逆に6分にはゴール裏の死角から3点目を献上。その1分後にもこぼれ球を拾われてミドルから4点目を失った。

 次戦は1日、同所でハルラと戦う。