オープンした上級者コースを滑走するスキーヤーら=30日午前、那須塩原市湯本塩原

 栃木県那須塩原市湯本塩原のスキー場「ハンターマウンテン塩原」が30日、今季の営業を開始した。

 県内のスキー場では最も早いオープン。リフトの運転が始まる午前9時前から乗り場に列ができ、県内外から訪れたスキーヤーら約1千人がゲレンデの感触を満喫した。

 オープンしたコースは山頂部の上級者コース「ウォールストリート」の約600メートル。同スキー場によると、今年は11月15日から人工降雪機を稼働し、現在は圧雪状態で約30センチの積雪となった。年末年始ごろの全面オープンを目指している。

 茨城県日立市南高野町、会社員橋本幸子(はしもとさちこ)さん(36)は「待望の初滑り。雪の感触も良く滑りやすかった」と話していた。

 営業は来年4月5日までを予定している。