斎藤市長(前列中央)に健闘を誓った矢板中央高サッカー部の選手ら

斎藤市長(左)と懇談する矢板中央高サッカー部の選手ら

斎藤市長(前列中央)に健闘を誓った矢板中央高サッカー部の選手ら 斎藤市長(左)と懇談する矢板中央高サッカー部の選手ら

 【矢板】第98回全国高校サッカー選手権大会に出場する矢板中央高サッカー部の選手らが29日、市役所を訪れ、斎藤淳一郎(さいとうじゅんいちろう)市長に健闘を誓った。

 訪れたのは、いずれも3年の主将長江皓亮(ながえこうすけ)さん(18)、副主将久永武蔵(ひさながむさし)さん(18)、同溝口陽日(みぞぐちはるひ)さん(17)ら。

 同校の出場は3年連続10回目で、前回はベスト8、前々回はベスト4。斎藤市長は「万全の調整をして大会に臨んで、先輩たちを上回る成績を上げてほしい」と激励。長江さんは「予選では失点が多かったので、失点を減らしたい。一戦必勝で日本一を目指して頑張る」と意気込みを語った。