栃木GBの特別合格選手となった宇工高の宇賀神(右)と大貫=宇工高

栃木GBから特別合格選手に選ばれた宇工の宇賀神(右)、大貫両内野手=宇工高

栃木GBから特別合格選手に選ばれた宇工の宇賀神(右)、大貫両内野手=宇工高

栃木GBの特別合格選手となった宇工高の宇賀神(右)と大貫=宇工高

栃木GBから特別合格選手に選ばれた宇工の宇賀神(右)、大貫両内野手=宇工高

栃木GBの特別合格選手となった宇工高の宇賀神(右)と大貫=宇工高 栃木GBから特別合格選手に選ばれた宇工の宇賀神(右)、大貫両内野手=宇工高 栃木GBから特別合格選手に選ばれた宇工の宇賀神(右)、大貫両内野手=宇工高 栃木GBの特別合格選手となった宇工高の宇賀神(右)と大貫=宇工高 栃木GBから特別合格選手に選ばれた宇工の宇賀神(右)、大貫両内野手=宇工高

 宇工高野球部で活躍した3年の宇賀神聖(うがじんせんと)(18)=170センチ、72キロ、右投げ右打ち=と大貫礼央(おおぬきれお)(18)=177センチ、71キロ、右投げ左打ち=の両内野手が野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)の特別合格選手となった。15日に行われたリーグドラフト会議で、栃木GBが交渉権を獲得した。入団の意向を示している2人は「応援される選手に」「高いレベルのステージで活躍し、栃木の野球を盛り上げたい」と意欲を燃やしている。

 特別合格はBCリーグ独自のシステム。主催するトライアウトへの参加を申し込んだ選手があらかじめ希望球団を選択し、その球団に獲得の意思がある場合、優先的に交渉権を得られる。

 今夏の全国高校野球選手権栃木大会では宇賀神が「1番・遊撃手」、大貫は「3番・二塁手」として活躍し、同校の8強進出に貢献した。2人は大会後、栃木GB入団を希望して日本高野連にプロ志望届を提出した。