厚生労働省は28日、介護保険を利用した介護費の総額が2018年度に初めて10兆円を超えたと発表した。高齢化の進行で介護保険サービスを利用した人が過去最高になったことが要因。