今年のサッカー天皇杯で16強に進んだ法大のMF森俊貴(もりとしき)(22)=栃木SCユース出身=が来季からJ2栃木SCに入団することが27日、関係者への取材で分かった。

 森は茂木町出身で茂木高卒。178センチ、71キロ。栃木SCジュニア、ジュニアユース、ユースを経て法大進学。主なポジションはサイドハーフで、持ち前の運動量やスピードを武器に頭角を現した。

 今年の天皇杯3回戦のJ1G大阪戦では、積極的な攻撃参加と対人の強さで存在感を見せ2-0の完封勝利に貢献。同4回戦のJ2甲府戦は延長戦の末に1-2で敗れたものの、後半に同点ゴールを決めた。